症状を根本から改善し理想の体に 宝塚市のおかだ鍼灸整骨院

ヘッダー電話
ロゴ下住所等 ヘッダー電話下地図 ヘッダー電話下労災 ヘッダー電話下事故 ヘッダー電話下保険
おかだ鍼灸整骨院ロゴ
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話

寝違えは鍼治療で早期改善②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。

寝違えは鍼治療で早期改善①の続きです。99373116556ec3632b30697b7d66e6411したがって、首が痛くて回らなくなった=寝違え、筋筋膜性の一過性の症状だと決めつけるのは早計なのです。

また、同じ軟部組織の損傷による寝違えでも、発症した直後のものと、過去の追突事故、運動中の衝突が遠因となったものとがあります。

そのため、ある程度過去に遡って、追突事故や運動中の追突や衝突がなかったか、問診で確かめる必要があります。

頚椎椎間板ヘルニアや頚肩腕症候群でも、寝違えと似た症状が現れる場合があります。

しかし、これらの疾患とは明確に異なる寝違えの特徴は、首の後屈ができないことです。

寝違えは首が回らないだけでなく、顔を天井に向けることも出来ないのです。

寝違えの第二の特徴

寝違えの第二の特徴は、頸部に一か所しこりがあり、この頸部のしこりから肩甲骨の内緑までが一本の細いラインにつながっています。

そして、首のしこりと肩甲骨の内緑を結ぶラインは、触診するとこっているのがよく分かります。

また、このラインを押していくと、患者もはっきりと痛みを感じるのです。

朝起きて急に首が回らなくなったことで患者さん自身が自分で寝違えと判断できるものですが、頚椎疾患よるもの、過去の追突事故、運動中の衝突が遠因となるものがあります。

肝臓、胆のう、膀胱などの疾患や内臓の機能低下によって、あるいは狭心症や心臓疾患によっても寝違えと酷似した症状が出現する場合があります。

運動性の寝違えは、疼痛部位、局所への治療で効果が期待できますが、内臓疾患による症状の場合は、局所の治療だけでは十分な効果が得られません。

この場合は、気血の流れを改善させ内臓に繋がる経穴を刺激して、内臓の機能バランスを回復させる必要があるため、膀胱炎、胆嚢炎など、内臓に炎症が起こっている場合は、治療に時間が要することがあります。

頚椎の疾患によるもの、軟部組織の損傷によるもの、頸部捻挫など、痛みの原因を見極め早期の段階から治療効果を高めるために、最初の2~3日は鍼による治療と抵抗運動を併用させます。

発症直後の疼痛部位、第3頚椎~第7頚椎の周囲には、鍼による刺激と指圧、整体を組み合わせて治療していきます。

内臓の疾患による症状に対しては、腹部、および肝経、膀胱経を刺激して炎症を抑えます。

寝違えは鍼治療で早期改善①


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。image01
首の筋肉の働きが低下!
起床時に首が痛くて動かない、突然後ろを振り向いたとき頸部に痛みが走る。
寝ている時の姿勢や冷え、ムチウチ損傷、日々の疲労が蓄積によって首の筋肉の働きが低下して起こる場合が多い「寝違え」
寝相の悪さ、寝ている時の姿勢に問題があると考えがちですが、日々の疲労が蓄積によって首の筋肉が低下して起こる場合が多く、車の追突事故によるムチウチ損傷、スポーツの試合や練習中の追突による頸部の軟部組織がダメージを受けることが原因となる場合があります。
本当の痛みの震源地を見誤ってしまう!
寝違えには単に頸部にのみ痛みと運動制限があるケースと、頸部だけでなく肩甲骨の内側緑にも痛みが発生するケースがあり、肩甲骨内緑に痛みがあるケースの方が長引く傾向があります。ムチウチ損傷損傷による場合だと衝撃を受けた後、数日後に症状が現れることが多いです。
また、内臓疾患や機能低下に起因する可能性もあるので、朝起きた時に首が回らない=寝違えと決めつけてしまうと本当の痛みの震源地を見誤ってしまうのです。

首肩の緊張を強める「スマホ首」
細菌ではスマートフォンの普及により、下を向いたままずっと同じ姿勢でいるために首の筋肉がこって硬くなっている状態を「スマホ首」と言われます。
仕事中だけでなく、寝る直前までスマホを触っていたりと手放せない状況がさらに首肩の緊張を強めるので、睡眠の質の低下が血流の低下につながるなど、生活習慣を見直し起因しやすい環境改善も必要です。

診断のポイント
朝起きた時、急に首が回らなくなったことで間違いなく寝違えだと、自分で判断できるもの。しかし、原因を探っていくと寝違えは必ずしも一様ではありません。
○ 頚椎の疾患によるもの
○ 損傷が頸部の軟部組織に限定された筋筋膜性のもの
○ 頸部捻挫
○ 内臓の機能低下によるもの

突然起こる首の痛み・コリは病気!?リンパ・背中との関係は?首コリ解消法③


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。
突然起こる首の痛み・コリは病気!?リンパ・背中との関係は?首コリ解消法⓶の続きです。
首コリを簡単に改善する方法
ストレッチ
まず、背もたれのある椅子に座り、口から息を吐きながら顎を胸A311_016-e1432800132439-300x228ようにゆっくりと頭を前に倒します。
その後、息を吸いながら元の位置にゆっくりと戻していき、普通の姿勢で数回呼吸をします。
次に、息を口から吐きながらゆっくりと後ろ側に頭を倒していきます。
息を吐き終えたら、ゆっくりと息を吸いながら元の位置に戻り、元の姿勢で数回呼吸をします。
これを数回繰り返し、左右も同じ要領で行い、最後にゆっくりと首を回していきましょう。
次に、両手を上に伸ばし伸びをします。20秒程度伸びをしては力を抜くということを3~5回繰り返してください。

ウォーキング
ストレッチに加えて、「歩く」ことをすると、首コリにとても効果的です。全身にほどよい筋肉がつき、血行が良くなります。
そして有酸素運動なので酸素が全身に行き渡り、体が温まる上に、リラックス効果があるのです。良い姿勢を保ち足裏をしっかりつけて歩きましょう。

マッサージ・ツボ
首筋のやや外側、うなじのくぼみのある「風池(ふうち)」と風池から親指1本分内側よりのやや下にある「天柱(てんちゅう)」は首のコリと目の疲れに効果のあるツボです。
それぞれのツボを両手の親指で押しながら、頭をゆっくり前後に動かします。

手の甲側、親指と人差し指の骨の分かれ目のやや人差し指側にある「合谷(ごうこく)」は首コリだけでなく肩こりや手のしびれなどにも効果があります。
親指を「合谷」にあて、気持ち良いと感じる強さでやや強めに押し揉み、両手それぞれ約30回程度、押してはもみを繰り返します。

入浴と運動
適度な運動と、湯船にしっかり浸かる入浴をすることで、カラダの血行が良くなり、筋肉もほぐれやすくなります。

突然起こる首の痛み・コリは病気!?リンパ・背中との関係は?首コリ解消法②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。
突然起こる首の痛み・コリは病気!?リンパ・背中との関係は?首コリ解消法⓵の続きです。

突然起こる首の痛みの原因は?首の痛みを伴う病気の種類とリンパ・背中の痛みとの関係、肩が凝りやすく痛みが生じやすい。良く寝違える。疲れが606201と頭痛が頻繁に起きるという人は、日頃の生活習慣を改善していかなければいけません。

上記の事が起きやすいという人ほど、突然首が痛くなるという事が多いようです。この場合、寝違えの場合もありますが、万が一1週間から10日以上経っても痛みが軽減しないという方は「首のヘルニア」を疑わなくてはいけません。

ヘルニアになると、日常生活をおくることが非常に困難になりますので、医師の診断を受けてストレッチをする等日頃の習慣を改めて下さい。

「後頭部のしこり(こぶ)・腫瘍・腫れ 原因と対処法」

首から背中にかけての痛みは、寝違え、筋違い、むち打ち症、頚椎椎間板症等が考えられます。この他にも、変形性脊椎症、髄膜炎、関節リウマチ、くも膜下出血、後縦靭帯骨化症の際に首の痛みを感じることがあります。

首コリは頭痛・めまいの原因に
首コリや肩こりは血行不良が原因で起こり、これを放置しておくと脳への血液供給が低下し、頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。
さらには、めまいやだるさ、集中力の低下、倦怠感、イライラ、疲労、冷え、眼精疲労、不眠などの他、胃痛や食欲不振、手のしびれ、吐き気、肌のトラブル等にも繋がります。
首コリを放置すると悪化することもありますので、ぜひ、次の回の改善方法を試してみてください。

突然起こる首の痛み・コリは病気!リンパ・背中との関係は?首コリ解消法①


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。0312

突然起こる首の痛みや首コリといった症状が起こり、普段の生活に支障をきたしてしまい困っているという人も多いことでしょう。

そこで今回は、突然起こる首の痛みや首こりの原因、リンパや背中の痛みとの関係性や首の痛みが生じる病気の種類、そして首コリをすっきり解消させる改善方法についてご紹介させていただきます。

首コリの原因とは?

首コリの原因とはいくつかの種類があります。

筋肉疲労

主なのが首の筋肉疲労と言われています。約5㎏もある頭を常に支えているため、首から肩にかけての筋肉は疲労が溜まり固まりやすくなっているのです。

同じ姿勢で長時間過ごす

デスクワークなどで長時間同じ姿勢で作業をしたリ、首姿勢が悪いと筋肉が固まり、血液の循環が悪くなります。すると筋肉への酸素不足になり、首コリが生じます。ストレートネックの方も、これに当てはまります。

ストレス・緊張

ストレスや緊張状態が続くと、血液の循環が悪くなり筋肉が硬直し、首コリの症状となります。

眼精疲労

目に疲労が溜まると血液の循環が悪くなり、首コリが起こります。また、メガネやコンタクトレンズが合っていない場合も眼精疲労を引き起こしてしまいますので、ご自身に合ったものを選ぶようにしてください。

運動不足

運動不足になると筋力が低下します。すると、首、肩にかけての筋肉の負担がかかりやすくなるのです。女性の方が首や肩が凝りやすいのは、筋力が関係していると言われています。

首周辺の骨や関節の異常

長期的に痛みが生じ、一向に和らがないという場合は鎖骨、肩甲骨、関節の異常、顎関節症、頚椎症、変形性脊椎症、側弯症の可能性があります。

内臓の異常・他からの病気によるコリ

内臓疾患の場合、血液の循環が悪化し、首コリや肩こりの症状が出やすくなります。腎臓、腸、肝臓、胃などの内臓の異常や、心筋梗塞、狭心症、糖尿病、高血圧が原因となっている場合もあります。

 

胸・背中の痛み 胸椎椎間関節症の原因と治療法、症状は?②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。cdb5ef0d-a0a9-4029-9d59-8aa9210754f8

胸・背中の痛み 胸椎椎間関節症の原因と治療法、症状は?①の続きです。

胸椎椎間関節症は、生活習慣に原因があることが多いです。運動不足や猫背など姿勢が悪い状態が日常的になっていること、筋トレや肥満体重などによって胸椎に負荷がかかりすぎるといったことが原因となっています。

胸椎に疲労が蓄積している状態で、身体をひねるなど突然、大きく姿勢を変える動作をしたリ、咳や、くしゃみをしたりした時に発症するということが多いです。

姿勢は、背中のみでなく、首や、腰に負担が掛かる姿勢を続けていても胸椎に負担となるので、普段から姿勢の悪い人は注意が必要です。

胸椎椎間関節症の治療法

胸椎椎間関節症の疑いがある症状を感じたら、まずは病院を受診し、診断してもらいます。同様の症状があらわれる内科的疾患もあるので、専門医に診断してもらいましょう。そして、原因となっている要素を取り除きます。

簡単に出来る治し方として、姿勢が悪い人は姿勢の矯正、運動不足であれば適度な運動や、ストレッチを取り入れる、肥満ならダイエット、運動のしすぎなら適度に身体を休ませるといったことが挙げられます。

痛みや、症状が出始めた直後は、痛みが強い、痛みのある部分が熱を持っているといった場合は、安静にして胸椎の炎症を抑えます。自分で出来る治し方は、一言で言うなら生活習慣の改善です。

悪い姿勢で首・背中・腰の骨に負担をかけていないか?運動不足で筋肉不足や、関節の硬化が起こっていないか?生活を見直しましょう。

それでも改善が見られない、自分では対処できないほど症状が辛いといったときには、自分で出来る治し方だけには頼らず、医師による治療を受けることになります。

ヘルニアなどの治療同様、病院では神経ブロックなどの施術によって痛みを緩和します。

胸椎椎間関節症のブロック療法は一般的ではないので、信頼のおける先生がいる病院に行くことをオススメします。

胸・背中の痛み 胸椎椎間関節症の原因と治療法、症状は?①


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。mig

胸・背中の痛みがある。胸を押すと痛い、胸にチクチクした痛みはありませんか?痛みが胸に出る場合もあれば、背中の真ん中や、肩甲骨の周辺に出る場合もあります。症状の出方も息を大きく・深く吸った場合、胸や背中を押した場合に胸や背中の真ん中付近にチクチクした痛みを感じる方が多いです。

意外と多い 胸椎椎間関節症とは

胸椎椎間関節症をご存知ですか?胸椎椎間関節症という病名は、一般的に耳にすることは少ないですが、肩甲骨のあたりが特別に凝っている、肩甲骨あたりの痛み、肋間神経痛といった胸椎椎間関節症からくる症状に悩む人は意外と多い病気です。

胸椎椎間関節症とは、12個ある胸椎の骨と骨の間にあり、クッション的な役割をしている椎間板になんらかの異常や障害が生じる病気です。

胸椎とは、背骨のうち、首の骨の付け根から腰骨の間にある12個の骨の事です。いわゆる背中にあたる部分の背骨を胸椎と呼びます。椎間板の歪みによって神経や血管に接触してしまうと、神経痛や血流障害などさまざまな障害をきたしてしまうのです。

胸椎椎間関節症の症状

胸椎椎間関節症の症状で最も多いのは、背骨、特に肩甲骨周辺のコリや、チクチクした痛みです。さらには肩甲骨当たりの違和感なども常時、感じることもあります。

よく耳にする「咳や、くしゃみをすると胸や、肩甲骨が痛む」というような症状も胸椎椎間関節症が原因で、肋間神経痛の症状を引き起こしている可能性があります。

胸椎椎間関節症の症状の好発部位は肩甲骨周辺ですが、胸骨自体は、背中全体にわたるので、中にはわきの下や、胸部・腹部といった部位に痛みや、違和感が症状として表れることもあります。

 

腰痛まとめ②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。youtu01

椎間板ヘルニア

ヘルニアとは飛び出るという意味。椎間板ヘルニアとは椎間板が押しつぶされて飛び出たものが神経を圧迫するというもの。

膀胱直腸障害(お漏らしなど)がなく日常生活ができるレベルであれば手術はしないで現状維持をするのが今の方針。人によってまちまちだが自然治癒することが解っているからである。

診断にはレントゲンではなくMRIでないと確定診断はできない。

前屈みになるとなお痛みとしびれが出ないのが特徴的。若い人から年配まで広い年齢層に起きるがヘルニアでもないのにヘルニアと誤診されることもしばしば。

脊柱管狭窄症

脊柱管という神経の通り道が狭くなること。骨が弱くなり始める50代の多く若い人は少ない。

歩くと5~10分で疲れてしまう。しかしちょっと前屈み姿勢で休めばまた歩ける(間歇跛行)

体を後ろに反ると痛みが足にまで響くなどが特徴

変形性脊椎症

加齢とともに椎間板の弾力の低下や骨の脆弱化で自重が支えられないなどで背骨が変形したもの。骨棘という棘ができるのが特徴。

脊椎圧迫骨折

胸腰推移行部に圧迫骨折起きやすい。

骨粗鬆症の起因であることも多く尻もちをついたりクシャミなどでも起きる。年配に多く若い人はスノボーで起きることも

内科疾患

特に尿管結石は生きているうちに味わう三大痛の1つとしてあげられるほど激痛

尿管結石はぎっくり腰と違い腰は正常なので意外と背筋をまっすぐ立てることが出来る。

その他、背骨の病気である脊椎カリエスや脊髄腫瘍など様々。

安静にしてたり夜間にも痛みがある。日に日に痛みが増していくようであればすぐに病院へ

腰痛症

考えうる腰痛の可能性を排除しそれでも原因がわからないもの便宜上診断名をつける時に用いる名称。

腰痛まとめ①


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。008

腰痛大国 日本!

日本人の8割は腰痛を経験したことがある。または今現在腰痛である。というデータがあるほど日本は腰痛大国である。

しかし、これは何の腰痛だろう、これはほっといても大丈夫なのだろうか、など医療関係者でも腰痛の事は意外と知られていないのが現状である。

そんな腰痛についてまとめてみました。

自己診断せず、腰痛になったら医療機関へ!

筋筋膜性腰痛症

腰の筋肉が原因の腰痛

日常の疲れや慢性腰痛など一般的によくある腰痛である。

腰の筋肉は大きく分厚いものが多く、骨盤に近い部分は複雑に筋肉がついているので悪い筋肉によって症状も様々。

若いのに腰痛だなんて・・・・というがものによっては腰痛も立派なケガです。

椎間関節性腰痛

背骨は骨と骨の連結(関節)によって構成される。

そして良く動く部分は痛めやすい(捻挫しやすい)ため腰痛の原因となる。

いわゆる慢性的な腰痛や突如襲ってくるぎっくり腰の原因になることも多く筋筋膜性腰痛も合併していることもしばしば・・・

急性期(ぎっくり腰)の場合、腰が動かせないことが多くヨロヨロと産まれたての小鹿のような歩き方になります。

仙腸関節痛

仙腸関節とは骨盤のつなぎ目の部分

多く靭帯や筋肉がつく部分でもあるため痛みを出すことがある。

強固に固定されているためほとんど動かないといわれている。

腰というよりもお尻が痛く感じる。

大腰筋性腰痛

この腰痛は腸腰筋(大腰筋+腸腰筋)が原因のもの。普通の筋筋膜性腰痛とは少し症状が異なる。

腰を伸ばさない、足が前に出にくい、腰が抜けた感じなどが特徴的。

いわゆるぎっくり腰(魔女の一撃)の一種である。

腰椎分離すべり症

腰椎が前方にすべり出るもの。

立っている状態で背骨が一部凹む特徴がある。

よっぽどヒドイ状態でないとシビレなどは出ない。

スポーツをやっている人など体を良く動かす若い層や支える力が弱くなった年配の方に起きる。

 

ひどい猫背が「治った?」と最近言われる私が心がけた3つのコツ②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。nekoze

ひどい猫背が「治った?」と最近言われる私が心がけた3つのコツ①の続きです。

正しく座るコツは、お尻の肉部分を地面につけるんじゃなく、太ももとお尻の間にある骨を地面につけて、頭のてっぺんから地面まで真っすぐになるイメージで座ること。そうすると腰が曲がることなく骨盤が立って、正しい姿勢で座れるようになります。

ちゃんとした姿勢で座ればどこも痛くならないし、身につけば正しい姿勢のほうがラクになります。

意識してもどうしても姿勢が悪くなってしまうなら、補助グッズを使ってみてもいいかもしれません。こちらは、腰痛に効いて座っていても疲れないと人気のクッションですが、疲れないのは腰がずり落ちずに背筋を伸ばした姿勢を無理なくキープできるから。座り仕事の人なら試してみては。

前屈みになっている体を起こしてあげて、吸った空気が無理なく体の中を通っていけるように気導をつなげてあげるイメージです。

猫背の人は前屈みになって、空気の通る道を押し潰しています。結果呼吸が浅くなり、お腹にはしわが出来る・・・良いことはありません。

あごを引いて胸を張ってあげると、かなり呼吸がしやすくなります。しかも、お腹を伸ばすことで腹筋や背筋を使うようになったようで、正しい姿勢を意識するだけで食生活を変えていないのに少しづつ痩せ始めました。!

猫背の時の自分は酸素をあんまり体に取り入れられてなかったかも・・・意識しながら生活すると変化に気づくのでやってみて下さい。

たった3つ意識するだけで姿勢は変わります。

ただ、猫背の人が実際やってみるとわかりますが、やり続けるのは結構大変。いつも使わない筋肉を使うので、最初のうちはすごく疲れます。でも、続けていると次第に慣れてきて意識できるようになります。

とにかく、いつでもあごを引いて、座るときはよっかからずに空気の通り道を意識して生活するだけ。器具や運動は必要ありません。

本気で姿勢をよくしたいならやってみて下さい。私はこれだけで日々姿勢が治ってきているのを実感しています。