症状を根本から改善し理想の体に 宝塚市のおかだ鍼灸整骨院

ヘッダー電話
ロゴ下住所等 ヘッダー電話下地図 ヘッダー電話下労災 ヘッダー電話下事故 ヘッダー電話下保険
おかだ鍼灸整骨院ロゴ
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話

病院で治らない病気は鍼灸で治る?


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。hari0_r

病院で「この病気は治りません!お薬で痛みをとるしか方法はありません。」と言われることは少なくありません。

しかし、これはあくまでも西洋医学で考えた場合です。

これが東洋医学だと、治る病気も実際にあるのです。

東洋医学はどんな病気も治す可能性を秘めている!

現に私も、経験がありますが、病院では良くならなかった肩・腰・ひざ・の痛みが鍼灸治療を続けることにより痛みが改善することもあります。

痛みだけでなく、リウマチ・アトピー・めまい・耳鳴り・頭痛・不眠症・むくみ・などなど、鍼灸治療には適応範囲も広がったりします。

でもなぜ、東洋医学だと治るのか?

思い出して下さい、あなたが手をカッターナイフで切ったら、数日後には治っていませんか? そうです。人間にはもともと、回復する能力があるのです。

東洋医学とは、この自分で治そうとする力 すなわち自己治癒力を高めるのです。なので、たとえ病院で「治りません!」といわれても、鍼灸治療で治ることも多々あるのです。

どのように、自己治癒力を高めるのか?

人間には、もともと自己治癒力が備わっていると話しましたが、病気にかかる方というのは、自己治癒力が低下している状態です。

そこへ、鍼灸治療をすることにより内臓の働きをよくしてホルモンバランスを整えたり血流を改善させて代謝を上げたり、リンパの流れをよくして免疫力を上げたり自律神経を整えて体調を整えたり、筋肉を緩めて痛みを軽減したりなど、人間が本来持っている自己治癒力を最大限に引き出すのです。

鍼灸治療だけじゃダメ!

鍼灸師

もちろん、病気になった背景には、やはり生活習慣と食生活が密接に関わっています。鍼灸治療だけでなく、生活習慣や食生活・ストレスなどを見直すことです。

そうすれば、病院で治らない症状も、鍼灸治療の助けを借りて、最終的には自己治癒力で治すことが可能だと思います。

なので、もし病院に長いこと通ったり、セカンドオピニオンを受けているのに改善しない場合は、鍼灸治療を受けてみるというのも、一つの選択肢だと知っておいて下さい。

四十肩・五十肩はなぜ起こる?その原因と対処法②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。d-2f_5

四十肩・五十肩はなぜ起こる?その原因と対処法①の続きです。

四十肩・五十肩の予防方法は?

顔は毎日鏡でチェックするために、ほんの少しの傷もすぐに見つけることが出来ますが体の内部で起こる病変は直接人の目に触れないため、自覚

症状が出るまでなかなか気が付かないもの。

発症の原因やメカニズムなどまだ分かっていないところが多い四十肩・五十肩ですが、実はある日突然痛みの襲われるわけではなく、肩の内部から徐々に進行し、症状としては肩に違和感やしびれといった前兆がみられることが大半なのです。

このような肩の変化を見逃さないために、普段の生活から意識的に肩の声に耳を傾けましょう。

あまり知られていない事ですが、四十肩・五十肩の発生率は、全身を伸ばすストレッチや適度な運動といった予防措置を習慣にするだけで、大きく変わってきます。出来る範囲で毎日続けることを目標に、腕の動かせる範囲を大きくして、それを維持するように心がけましょう。「痛くないから平気」「まだ若いから大丈夫でしょう」なんて油断している人は要注意です。セルフチェックしてみましょう。

自分の痛みは肩こりなのか?四十肩・五十肩なのか?気になる人は一度セルフチェックしてみましょう。

四十肩・五十肩が疑われる場合は、肩関節の動かせる範囲がかなり制限されます。

両腕の前から、耳の後ろまでまっすぐあげる。

手の平を上に向け、両腕を真横から真上に上げる。

両腕を腰に回す

両腕を頭の後ろに回す

このような動作を行った際に、痛みを感じたり、滑らかに腕を動かすことが出来ないといった場合は、四十肩・五十肩からくる痛みであることが疑われます。気になる症状は軽視せずに、一度整形外科等の病院や診療所で診察を受けてみましょう。

四十肩・五十肩はなぜ起こる?その原因と対処法①


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」ですillust_01

「四十肩・五十肩」は江戸時代の文献にも登場する古くから知られた病気で、特に日本においてはポピュラーな症状の1つです。中高年になったら多くの人に発症する可能性があり、「時間がたてば自然に治るでしょう」と早く治すことで諦めていらっしゃる方も多いかもしれません。とはいえ、誰でもつらい痛みは少しでも軽くしたいのが心情。現在進行形で痛みがある人も、そうでない人も「四十肩・五十肩」の原因や対処法を知り痛みの備えておきましょう。

四十肩・五十肩ってどんな症状が出るの?

「四十肩」「五十肩」は医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気で、一般的には発症する年齢が違うだけでどちらも同じ病気です。

朝の整容で髪を整えたり、シャツを着る時に痛くて肩が上げられない、突然肩周辺に強い痛みを感じるといった症状が現れたら、それは「四十肩」「五十肩」が発症したサインかもしれません。

発症する症状のよって病気の進み具合を分けると、なんの前触れもなく突然するどい痛みが発生する「急性期」と、鈍い痛みに変わり、肩の動きが制限される「慢性期」とがあります。

「急性期」では突然片側の肩周辺に、指先まで痺れるような激しい痛みが数日間~数週間続きます。

その後「慢性期」に入ると、肩が動かしづらい日が続き、痛みは鋭い痛みから鈍い痛みに変わります。

一般的には数週間から半年、長くても1年半ほどで自然に痛みは軽くなり、肩が楽に動かせるようになりますが、肩関節の動く範囲が狭くなって治る事が多いです。

痛みが繰り返し起こる場合や、六十歳を超えてから四十肩の症状が出る場合、腕が震えるほど痛みがひどい場合には、違う病気が潜んでいる可能性もありますので、気になる症状がある時は早めに医師の診察を受けましょう。

痛みを引き起こす原因は?

四十肩・五十肩の発生原因は、未だはっきりと解明されていませんが、加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮むなどの変化が起こる事で炎症や痛みを引き起こすと考えられています。

また、これらの直接的要因の加えて、普段の生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化といった間接的要因が重なることでも発症のきっかけになるとも言われています。

ダイエット目的で鍼灸・鍼治療を受けるのは効果的?


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。 mimitsubo

体の内側から美しくなるための力を引き出す美容鍼。「きれいになりたい」と願う女性のとっては、スキンケアだけでなくダイエットも同じくらい注目したいポイントです。

痩せるツボは存在しない

鍼灸といえば「ツボ」が深く関わってきます。ツボと聞くと「痩せるツボがありそう」という期待を抱えていたしまう方がいるかもしれません。しかし、残念ながら「やせるツボ」というものはありません。

それでも、健康的にダイエットをしたいと思っている方にとって、鍼灸からの身体サポートとして期待できることもあります。

健康的なダイエットをサポートして

極端な食事制限や無理なダイエットは、体調を崩してしまうリスクが高くなります。また、一時的にやせたとしても、すぐにリバウンドしてしまったり、精神的な問題に発展する恐れもあります。これでは正しいダイエットとは言えません。健康的なダイエットをするためには、これまでの生活習慣を見直して、身体にとって健やかな生活を送ることが大前提にあります。

鍼灸からのダイエットアプローチとしてあげられるのは、低下してしまった代謝のサポートなど体内環境を改善することで、身体を健康的な状態へと導くということです。直接的な効果ではありませんが、正しいダイエットができているのであれば、鍼灸によるサポートも期待が持てるようになります。

ダイエットにおける鍼灸のメリット

鍼灸治療によるダイエットサポートとして、具体的にどのようなダイエットサポートが期待できるのでしょうか。受ける治療内容による場合もありますが、主に以下のようなことがあります。

身体環境の改善による活動的な日々が送れる

代謝改善により、普段からエネルギーを消費しやすい身体のサポート

ストレス軽減効果があるので、ダイエットのよるイライラからサポート

腸内環境の改善による便秘解消

特に代謝の改善は、ダイエットにおいて重要な要素です。身体のめぐりがスムーズになり、便秘解消が出来れば、デトックスしやすい環境になります。

もちろん、サポート効果は個人差があります。しかし、日々の生活習慣の改善をしっかりと行った、健康的なダイエットであれば、鍼灸治療による

 

首コリとストレス


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。63fa892d48b8eb3389b150d71a108821

首のこりとストレスは、一見何の関係もないように思えますが、実はとても深い関係にあります。リンパマッサージによって、こりがなくなるだけではなく、実は繊細なストレスが原因で不快な症状に悩まされている方が、ストレスの原因を改善されることによって、首コリも良くなったという患者様を多く見てきました。東洋医学では、「心身一如」といい、精神面の変化が身体に現れます。(その逆もしかりです。)

あなたはストレス体質?

首コリとストレスの意外な関係

首コリの悩みで治療院を利用される方の多くは、たくさんのストレスを抱えています。特に目立つのが、完璧主義の為に過剰なストレスをため込んでいる人。自分にも他人にも厳しいので、ちょっとしたミスでも許せず、いつも怒りや不満を抱えています。言わば、何に対してもストレスを感じる「ストレス体質」になってしまっているのです。

心の状態に目を向けて

過剰なストレスは、体に様々な影響を及ぼします。本来柔らかいはずの筋肉が硬くこわばり、そのために新陳代謝も落ちてきます。首コリは、全身の新陳代謝が悪化していることを示すサイン首コリの症状が出てくる場合には、すでに相当のストレスを抱えていると考えていいでしょう。首コリは、首のリンパマッサージなどの外からの働きかけだけでは治せません。首コリを生み出す一因となる心の状態にも、しっかりと目を向けることが大切です。心身ともにメンテナンスを重ねることで、首コリの症状を改善していきたいですね。

一人で悩まないで相談しましょう

心に溜め込んだ気持ちを言葉にして外に出す事で、ストレスの状態を自分で客観的に見ることができるからです。時には自分自身が「これは気に病むほどの事ではないかも・・・・」と気づいてくださることもあります。心の持ち方が柔軟になると、体も柔らかくなり、首コリや肩こりをはじめさまざまな不調が改善されてきます。リンパマッサージなどで首コリの症状を軽減するとともに、ストレスを上手の解消して、体も心も楽になる工夫をしていただけたらと思います。

東洋医学に基づく産後鍼灸ケア②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。img_11

 

東洋医学に基づく産後鍼灸ケア①の続きです。

 

特に出産に伴う出血や体力の低下は、気血の流れ(血流)に乱れを起こし、一時的に大きな「冷え」を生じます。

そして、自己治癒力(回復力)が低下し、子宮復古不全を招いたり、悪露がいつまでも続いたり、菌への抵抗、力が落ち膀胱炎や乳腺炎、産褥熱が出たりするのです。また、「冷え」は精神面にも影響が及び、産後うつを招くこともあります。

鍼灸治療は、長い歴史の中で病気の成り立ちを東洋医学的に解明し、自己治癒力によって病から回復できることを明らかにしてきました。そして、その考え方と治療法は脈々と現代にまで受け継がれてきています。

鍼灸治療とは、「人が本来持っている自己治癒力がきちんと働くように導くこと」です。

産後、辛い症状が起きるほど低下してしまった治癒力は、自分の力だけでは回復が難しい場合があります。

鍼灸治療はこの治癒力がきちんと働くように手助けをします。

はりとお灸で「冷え」をとり、気血のめぐりを整え、自己治癒力がきちんと働くように促します。そして、「妊娠前の元の身体に戻る」という本来の回復力を高めます。

また、鍼灸治療は精神安定作用もあると言われ、マタニティーブルーや産後うつにとても効果的です。

近年の研究では、鍼灸治療によりリラックス作用のある、エンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになり、注目されています。さらに、抗ストレスホルモンであるオキシトシンを放出されることも最近わかってきました。

これらの働きにより、爽快感が感じられ、気持ちが前向きになり、うつや不安の解消に繋がると言われています。

心と体が元気になる鍼灸治療は、産後ケアにとても適した治療法です。

また、良い産後の肥立ちを迎えるためには、出産前にこれまでにたまった「冷え」を解消しておくととても効果的です。

どんな症状でも自己治癒力によって自然治癒する人は必ずいらっしゃいます。人の治癒力は今も昔も変わらないのです。

産後の鍼灸ケア①


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。

子宮の戻りが遅れる、悪露がいつまでも続く、産褥熱が出る、また、乳腺炎や膀胱炎、マタニティーブルーや産後うつなど、産後の悩みを見てきましたが産褥期care_ph03の経過は人によって様々です。

なぜ、産後の肥立ちが良い人もいれば、悪い人もいるのでしょうか?

その違いは、その人の治ろうとする力、すなわち自己治癒力の強さのよるのです。

自己治癒力とは、病から身体を守る免疫力や傷の修復能力、細胞が生まれ変わる再生能力や憂うつや落ち込んだ気持から立ち直る力などを言います。

生命を維持して健康に生きていくためには必要な力を総称して自己治癒力といいます。

全ての人の身体に本来備わっているこの治癒力はとてもすばらしいものです。病院や薬のない時代から人々が生き延びてこられたのは、ひとえにこの自己治癒力があったからです。

そして、出産後、元の身体に戻ろうとする回復力もこの自己治癒力の1つです。

では、なぜ自己治癒力は低下してしまうのでしょうか?

東洋医学では昔から「冷えは万病の元」といわれてきました。冷えは、人に本来備わっている自己治癒力を低下させてしまいます。

皆さんの身体には、生まれてから今までの疲れが必ずたまっています。今までの疲れとは、仕事の内容、人間関係、食生活、生活習慣、これまでにかかった病気やケガ、交通事故などが元になるものです。

そして、これらの要因が重なり合いながら、気血の流れ(血流)にかたよりや滞りが起こり、だんだんと身体の芯が「冷え」自己治癒力が低下していきます。

この冷えを「根元的な冷え」といい、様々な病の根本原因と考えています。近年、現代医学においても、免疫力の低下や自律神経の乱れが冷えと関係していると言われるようになってきました。

妊娠・出産は身体にとても大きな負担となります。

自律神経失調症の鍼灸治療


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。A307_074

自律神経失調症はなぜ起こるか。

私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。この働きを担うのが「自律神経」で、内臓や血管の収縮・拡張・ホルモン分泌など、全ての器官を調整しています。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」という相反する働きをする神経が同居し、この二つの神経が綱引きをしながら働いて、体がバランスよく機能しているのです。

ところが、ストレスなどの刺激が長時間続いたりすると、自律神経がそれを排除しょうと頑張るあまり、綱引きのバランスが崩れてしまい自律神経失調症を起こすのです。

どうしていろいろな症状が出るのか。

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身に機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。

最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などで専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意してください。

自律神経失調症の原因は?

自律神経失調症は外からの刺激に対して、自律神経が体を守ろうと防御反応を起こして発症する病気です。仕事や人間関係の悩みや恐怖心など、精神的なものだけでなく、暑さや寒さ、痛さ、病気、けが、睡眠不足、騒音、空気汚染など、外からの刺激のほとんどがストレスといえます。

東洋医学的に見ると

自律神経失調症は東洋医学の立場からみると、全身の陰陽バランスが”微妙に”狂いだした状態です。それに対して、陰と陽が完全に狂った状態が病気です。

この考え方を前提にすれば、自律神経失調症は、体の調節機能が乱れ始め、病気になりそうでなっていない状態といえるでしょう。

どうして鍼灸治療が効果的なのか

東洋医学に基づく鍼灸は、全身のバランスを診るのが基本です。

そのため、一つ一つの症状を別々に診ることはなく、常に全身の調和を意識しています。

この立場から見ると、自律神経失調症は特別なものではありません。

鍼灸は自律神経失調に対応できるのは、本来持っている診察法に適しているからです。

一般的に自律神経失調症の治療に手こずってしまう場合が多いのですが、その理由は各症状を別々に治そうとするため、全身の調和が返ってかき乱されてしまうケースがあるからです。

治療周期について

治療の経過、成果、周期に関しては個人の体質や状態により異なります。

できるだけ個人の事情により調整致しますのでご相談してみてください。

 

 

 

 

 

 

つらい肩こりをなんとかしたい!すぐに効果の出る3つの解消方法③


こんにちは「おかだ鍼灸整骨院」です。

 

つらい肩こりをなんとかしたい!すぐに効果の出る3つの解消方法②の続きです。

パソコンを使う時の姿勢を改善する!

普段パソコンをよく使うという方は、正しい姿勢を身につけることがilm16_cd06001首コリの予防につながります。正しい姿勢をキープするには、椅子と机の高さが重要です。膝と肘の角度がそれぞれ90度になるように調節してください。背筋を伸ばし、顎を少し引いた姿勢を心がけましょう。

ストレッチで血行を改善させる!

首コリを予防するには、こまめなストレッチが大切です。ストレッチをする事で血液循環がよくなり、首コリが起こりにくくなります。そこで、どこでも手軽に出来るストレッチを紹介しましょう。

首の付け根あたりに手をおき、背筋を伸ばします。

ゆっくりと首を回します。この時、外側の大きく回すのではなく、正面に顎で円を描くような意識で前を向いたまま動かしてください。時計回り・反時計回り、それぞれ10セットずつ行います。

首を冷やさないように注意する!

首コリは血行不良によって引き起こされるため、首を冷やさないようにすることも重要なポイントです。『夏場はクーラーを控えめにする』『冬場はマフラーを巻く』など、しっかりと対策をとってください。

いかがでしたか?

首コリを解消する方法について紹介しました。

どんな時に首コリが起こるのか?

知っておきたい!首コリを解消する方法

首コリを予防するために普段気をつけるべきこと

以上のポイントを押さえて首コリ対策を行って下さい。

職場などで温度調節が難しい場合は、温かいお茶を飲んだり手でさすって首を温めたりして、首を冷やさないようにしましょう。

つらい肩こりをなんとかしたい!すぐに効果の出る3つの解消方法②


こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。0-48

つらい肩こりをなんとかしたい!すぐに効果の出る3つの解消方法①の続きです。

知っておきたい!首コリを解消する方法

それでは、首コリを解消するにはどうすればいいのでしょうか?首コリがつらいとお悩みの方は、次の方法を試してみて下さい。

首を温めてコリを解消する。!

首を温めることで血行が改善され、コリが緩和します。ドライヤーの温風や熱いお湯に浸けて絞ったタオルを首に当てるといった方法がオススメです。ただし、火傷をしないよう十分に注意してください。

マッサージでリンパを流す!

首コリを解消するにはリンパマッサージも効果的です。リンパ液をスムーズに流すことで老廃物の排出が促され、コリが解消します。リンパマッサージは以下の手順で行ってください。

鎖骨のマッサージ

肩先から胸の中心に向かって、鎖骨の上を親指以外の4本指でさすります。1分を目安に行ってください。

ゴリゴリと力を入れてのマッサージは逆効果です。指先の力を抜き、優しくさするようにしましょう。

首筋のマッサージ

親指以外の4本指を使って耳の下から鎖骨に向かって、なでおろすようにさすります。マッサージをする反対側に首を傾けて行うとより効果的です。同様に、耳の下から肩先に向かって、なでおろすようにさすります。1分を目安に行って下さい。

ウォーキングなどの軽い運動が効果的!

首コリを解消するには、ウォーキングなどの軽い運動もオススメです。ウォーキングには「血行改善」「リラックス」「体が温まる」など、様々なメリットがあります。歩くときは腕を大きく振り肩を動かすようにすると肩や首の血流がよくなり、より高い効果が期待できるでしょう。

首コリを予防するために普段気をつけるべきこと

最後に、首コリを予防するために日常生活の中で気をつけるべきことを次回紹介します。以下の点に注意して首コリと無縁の生活を送りましょう。